注文住宅を建てるための資金を借りた思い出

注文住宅を建てる時は多くのお金が必要で、資金をどのように準備するか考えるために苦労しました。住宅ローンは建物の引き渡しが行われるまでできないため、つなぎ融資をしないといけないですが金利が高く困ったものです。家は注文住宅にすると好みに合わせて間取りやデザインを決めオリジナルなものにできますが、土地を探して場所を確保するなど多くの費用がかかります。

注文住宅は建売住宅とは扱い方が違うため流れを把握しないといけないもので、ハウスメーカーと相談してアドバイスを参考にしました。お金を借りる時は安心して利用できるか確かめ、収入の見込みを把握し計画的に返せるようにしたものです。

資金を借りる時は注文住宅にすると家が完成するまで土地代などを現金で支払うため、つなぎ融資をして何とかしました。つなぎ融資は限度額があることや金利が高く消費者金融会社のキャッシングと同じようなもので、住宅ローンより金利が高く一筋縄ではいかないと感じたものです。