ハウスメーカーで見積もりの打ち合わせ

知立市にヨーロッパスタイルの注文住宅を建てる際、まずは見積もりをいくつかのハウスメーカーに出してもらい、それを比較検討して1つに絞り込みました。我が家も家づくり初心者ながらも、周囲の人の意見を聞きながら、2つのハウスメーカーに見積もりを出してもらいました。
見積もりを出す際の打ち合わせには、とりあえず、自分達がどういった家づくりをしたいかをある程度書きだしておくと便利です。明確なビジョンがあればあるほど、メーカー側もスムーズに見積もりを出すことができます。ただ、私達は、ざっくりとしたイメージしか持っていないまま見積もりの打ち合わせに行ってしまったので、ハウスメーカーの方と話し合いながら、徐々に決まっていったという感じでした。
ただ、見積もりを出す際に思わぬ落とし穴が見つかりました。親から譲り受ける予定の土地が、何と調整地という場所だったらしいのです。通常住宅を建てる土地はすぐに建築を着工できますが、こうした調整地の場合、家を建てていいという許可を取ってから建築がスタートします。その分費用もかかりますし、日数もかかります。こうした土地や家づくりに関することは、まだまだ知らないことだらけだと思いました。